車検時にされるチェック項目

まず車検と修理を混同してしまっている人も多いと思いますが実は全く違います。車検時に必ずチェックしておきたいところは以下の通りです。自動車検査証の確認自動車検査証に記載されているエンジンの型式や車体ナンバーの一致を確認します。外観周りのチェック自動車検査証に記されている車の全長・全幅・高さが規定をオーバーしていないかなどの確認をします。さらに、運転席、助手席フロントガラスへのフイルムやテールランプが規定の色であるかなどが確認されます。エンジンルームの確認ここでは一番大切ともいえるエンジンルームの確認がされます。まずは異音がしないかを確認します。そしてオイル関係の液料チェックです。エンジンオイルをはじめ、ブレーキオイル、ミッションオイル等です。ファンベルトの張りや劣化等、プーリーに異常が無いかなども確認されます。

その他配線類やバッテリーチェックもされます。スピードメーターの確認スピードメーターは通常、メーターが指し示す針よりも実際の速度の方が必ず下になるように設計されています。そのため、スピードメーターテストでは実際の走行時にメーターよりも速度が出ていないかをテストします。ここに異常があればとても危険です。タイヤの確認タイヤの溝が規定値以上の深さがあるかを確認します。ランプ類の点灯確認ヘッドライト・ポジションランプ・方向指示器・ブレーキランプ・バックランプの点灯確認です。ワイパーとホーンの確認ワイパーの劣化とホーンの音のチェックも規定内であるかが確認されます。サイドスリップタイヤが横滑りをしていないかのテストです。横滑りが±5ミリ以下であればOKとなります。ブレーキテストすべてのタイヤに取り付けられたブレーキが正常に機能しているか制動力をチェックします。ブレーキパットの残量が1、6?以上なければ交換されます。前照灯の光軸ヘッドライトの向きや高さなどに異常が無いかの確認です。この確認テストは比較的簡単なため、さほど工賃や時間が掛かりません。排ガス検査車のハイブリット化や環境問題で基準が厳しくなっています。

違法改造をしていなければ、だいたいの車は検査を通過しますがたまに古い車両で問題がある場合があります。足廻りの確認主にサスペンションの廻りでオイル漏れなどがないかやボルトのゆるみ、排気パイプやマフラーに穴が開いていないかなどの確認をします。検査員がハンマーで打音検査をします。最後に発煙筒もチェックされます。以上の項目以外は車検項目以外の別途修理となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です