車検に影響するタイヤの状態とは

車検ではたくさんの部分について確認がされますが、意外に忘れてしまうのがタイヤの状態についてです。タイヤにも当然規定がありまして、溝の深さが1.6mm未満となると車検に通らなくなってしまいます。タイヤには、地面と接して駆動力を伝えたり、ブレーキの力を路面に伝える重要な働きを持っています。これだけではなく、路面の凹凸からくる衝撃を吸収する役割もあります。また雨天時の走行では、溝が水を排水して雨の中でも滑らない機能も持っています。たかがタイヤと簡単に考えてしまいますが、とても重要な機能部品として車には無くてはならないものです。ですから、減りが激しく溝の深さが少なくなっている場合には車検に通らないのです。車検だけを考えてもメリットは無いわけですが、何よりも大切な事は安全に走行できるかどうかという事です。

溝の深さが少なくなった状態での高速走行や、滑りやすい路面での走行では、グリップ力が低下しているために安全に走行する事ができなくなります。また。雨の中で溝の少ない状況では、しっかりと水を排水できませんので、水の上に浮いてしまう減少が起こりやすくとても危険な状態になります。このような危険な状態で走行する事は、自分だけではなく周りの車にも迷惑を掛ける事になりますので、普段から溝の深さなどについて確認する事が大切にな事です。タイヤにも当然寿命がある訳ですが、一般的に知られているのはスリップサインが出た状態が寿命だと言われている事です。スリップサインは減りが進んで行くと現れてくるもので、誰でも簡単に見分ける事ができます。スリップサインは、中心部分の深い溝に一段高くなっている部分がありますので、これを見る事で減りの状況が確認できます。スリップサインの高さが丁度1.6mmとなっていますので、誰でも簡単に判別する事ができます。スリップサインは、タイヤの側面に位置を表すマークが付いているので、探す事も簡単にできます。減ってきた場合が寿命ではありますが、減っていない状況でも寿命となる場合があります。タイヤは油分をを多く含んだゴムで作られています。

それ程減っていなくても、経年的に油分が抜けていきますので、表面にひび割れが起こる場合があります。この状態ではかなり劣化が進んでいますので、最悪の場合は裂けたり破裂したりする危険性があります。寿命を判断する事も大切ですが、車検には通らないケースがあると言う事を忘れずに、定期的に自分で確認する事も大切なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です